<< 生命誕生 制作の友 >>

はぐれない

2月に入り、正しく駆け足の毎日の私…

今日も朝から出かけてた私に友人達からメール&電話…

お昼過ぎに家に戻ると旦那様まで「知ってた?」








言われ続けておりました。



明るめのグレーのスーツ…

少し肩を丸め、両手を下にすとんと落としたように歩く姿

地味めの男性に惹かれることはないのに、ずっと大好きでした。

原風景のような日本のおじさん的な役柄と合わせて、実像の粋な華やかさが好きだった…

好きな芸能人は?と聞かれ、答えるたびに「ライバルいない~!!」と爆笑されてましが

絶対勝てないライバルがいました。

大きなハンカチを持ち、そっと寄り添う『さくらのママ』になりたかった。
[PR]
by okurumiya | 2010-02-18 23:21 | くるくる日々 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://okurumiya.exblog.jp/tb/13766803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by youme at 2010-02-21 06:46 x
大好きでした、子供の頃から・・・・・・
 さくらのママは、お店でしか接してないハズなのに、どうしてそんなに彼の心の添うてるんだろう、はるちゃんの方がきっとずっと一緒の時間は長いのになんて。
 思いながらも、見つめてました。
 これが「昭和のスタア」なのかな、って感じさせる華のある方でしたよね。
 とてもとても、残念です。
Commented by おくるみや at 2010-02-21 14:03 x
youmeさん
さすがです!
この気持ちを共有できる方がいらっしゃるなんて…
あまりに友達からもたくさん、励ましやらお悔やみやらのメールがくるので、
だんだんしばらく会ってない元彼気分になってます^^’

はるちゃん…ですよね。うんうん。
見た目の好みの問題…と片づけるのは殺伐としてるので、
やはり一緒にいる時間と立場のカテゴライズは相まみえないということなのでしょうか。

素晴らしいスタアでしたね。
<< 生命誕生 制作の友 >>